一般社団法人 日本薬学生連盟

WHO(世界保健機関)やFIP(国際薬剤師連合)と正式にパートナーシップを結び、IPSF(国際薬学生連盟)に日本で唯一正式加盟している、“薬学生による薬学生のための団体”。1998年発足、2013年4月に一般社団法人化。「薬学生の専門性及び発展性に寄与する活動を推進し、薬学生の医療に対する意識や能力の向上を図ることにより、日本及び国際社会に貢献すること」を目的として、北は北海道から南は九州まで、全国の薬学生約950名が所属。 HP:http://apsjapan.org/

グローバルな視点ってなんだ?世界の薬学生が集まる国際会議・11日間の学び〜日本薬学生連盟ブログ Vol.2

日本薬学生連盟ブログ、2回目のテーマは、ずばり「グローバル」。これからの社会で活躍していく皆さんには、どのような企業に就職したとしても、欠かせない視点の一つでしょう。学生のうちにできることの一つとして…

続きを読む

薬学部から製薬業界を目指し、誰よりも信頼されるMRになりたい〜日本薬学生連盟ブログ Vol.1

将来、こんな業界で活躍してみたい━━。そのことに考えを巡らせたとき、あなたにとって志望を後押しするような、大きな“きっかけ”となった出来事には、どんなことがありますか? そしてその中のひとつに、親や先…

続きを読む