サイエンスシフト 製薬業界

「印象を科学する」という挑戦━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(前編)

これからの社会を動かす企業やプロジェクトに注目し、そこで働く人たちが成果を生むまでのプロセスを探る当企画。第3弾となる今回は、曖昧な人間の感覚を定量化するという挑戦。ギャツビー、ルシードなどの定番の男…

続きを読む

入社2年目が語る、医薬品特許に関わる仕事の広さ・深さ・面白さ 「まだまだ、もっと成長しないと」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

製剤研究一筋、特許出願は20以上。「成功体験」を味わえるジェネリックメーカーの仕事は面白い

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

医薬品研究者としての迷いが切り開いたキャリアチェンジ 「新しいことを取り入れ、会社を変えていけたら」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

外資系製薬会社へ就職するということ 働きかた、厳しさとメリットとは Vol.2

外資系製薬会社研究職からバイオベンチャーの立ち上げを経て、現在、京都学園大学バイオ環境学部バイオサイエンス学科で教授を務める松原守先生。このようなキャリアを築いていく中で、どのような出来事に直面し、ど…

続きを読む

医薬品大国、アメリカ。製薬関連ニュース5選 【米在住・医療保険エージェントのスーパーバイザーが選ぶ】

これから社会人となる学生や若い世代にとって、グローバルな視点が求められるのはもはや「当たり前」となる時代。多くの諸先輩が言うように、海外の文化に触れることやコミュニケーションツールとしての語学習得も大…

続きを読む

医療行政は2025年問題をどう解決するのか?━超高齢社会の医療体制は「地域」がカギ

2025年問題について「なんとなく知っている」だけでなく、その問題について、何が課題なのか、どう解決していくのか、より本質に迫るためにスタートした当企画。2025年問題の概論を解説した第1回に続き、第…

続きを読む

なんとなく「就活しなきゃ」の前に考えるべき、“組織で働く” 意味 なぜ人はカイシャに集まるのか?

個人の働きかたがより多様になった今の時代。これからどうやって働いていくかという課題は、編集部にとって大きなテーマの一つです。会社に就職すること、つまり組織で働くことにはどのような価値があるのか? どう…

続きを読む