研究職

「決して諦めない心」で、異分野を駆け抜ける━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.5 株式会社PROVIGATE(後編)

(前回の記事はこちら) 「涙で血糖値を測る」デバイスを開発している株式会社PROVIGATEで、最高研究開発研究者を務める加治佐さん。そのキャリアには、数々の「異分野への挑戦」があったという。どのよう…

続きを読む

見えざる身体の内側を可視化する、バイオセンサの妙技━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.5 株式会社PROVIGATE(中編)

(前回の記事はこちら) 現在治療を受けている患者数が300万人以上、予備軍までを含めると5人に1人とされる、日本の糖尿病人口。PROVIGATEでは、糖尿病患者が血液ではなく「涙」で血糖値測定を行える…

続きを読む

日本で5人に1人*、糖尿病人口の苦痛を「涙」で減らせ!━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.5 株式会社PROVIGATE(前編)

画期的な発明や製品開発など、社会を動かすイノベーターにお会いし、話を伺う当企画。5回目となる今回は、東大発ベンチャーとして2015年に設立し、「糖尿病患者の苦痛をやわらげる」ための一つの研究成果を今ま…

続きを読む

医療・ヘルスケアにおける新潮流━オープン・イノベーション、中分子医薬品、予防医学 Vol.4

外資製薬会社研究職、バイオベンチャーの立ち上げを経て、現在は京都学園大学バイオ環境学部で教壇に立つ松原守教授。今回は、バイオテクノロジーやその関連領域が医療・ヘルスケア分野を今後どう変えていくかについ…

続きを読む

腸内環境改善の切り札をつくれ――社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.4 株式会社メタジェン(後編)

(前回の記事はこちら) これからの社会を動かす企業やプロジェクトに注目し、そこで働く人たちが成果を生むまでのプロセスを探る当企画。第4弾となる今回、編集部が訪ねたのは、山形県鶴岡市。後編では、株式会社…

続きを読む

地方発バイオベンチャーで働く博士号取得者たち――社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.4 株式会社メタジェン(中編)

(前回の記事はこちら) これからの社会を動かす企業やプロジェクトに注目し、そこで働く人たちが成果を生むまでのプロセスを探る当企画。今回のイノベーターは、腸内細菌を研究する株式会社メタジェン。その研究者…

続きを読む

腸内デザインで「健康長寿社会」を目指す――社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.4 株式会社メタジェン(前編)

サイエンスシフトの読者なら、「腸内細菌叢」「腸内フローラ」といった言葉を聞いたことがあるでしょう。近年、特に注目され、そのはたらきやメカニズムの解明が進んでいる、人体のシステムのひとつです。そしてその…

続きを読む

“ひと”という存在と科学をつなぐ━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(後編)

(前回の記事はこちら) 化粧品研究に長年携わってきた2人の研究者に、最後にお伺いしたのは化粧品をつくる仕事の意義、すなわち仕事の本質について。目指していることや、研究に対するこだわり、ともに働きたい人…

続きを読む

サイエンスの意義を、プロダクトに活かす━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(中編)

(前回の記事はこちら) 男性用スキンケア市場でロングセラー商品を次々に生み出してきた、株式会社マンダム。その背景には、男性の肌や頭髪、見た目といった長年にわたる研究データの蓄積があるという。日々それら…

続きを読む

「印象を科学する」という挑戦━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(前編)

これからの社会を動かす企業やプロジェクトに注目し、そこで働く人たちが成果を生むまでのプロセスを探る当企画。第3弾となる今回は、曖昧な人間の感覚を定量化するという挑戦。ギャツビー、ルシードなどの定番の男…

続きを読む