沢井製薬ミライラボ

「読む技術」養成講座【第三回:熟読…じっくり深く読む】国立国語研究所教授・石黒圭氏寄稿

国立国語研究所教授の石黒圭さんの「読む技術」養成講座も今回が最終回です。最終回のテーマは『熟読』。全三回の連載を通して、「読む技術」を習得していただければ幸いです。 過去の記事はこちらから 「読む技術…

自分のスタイルを作り、学びのコミュニティを広げていく〜オンライン時代に適した仕事の学び方とは?〜【リクルートMS桑原正義さんインタビュー:後編】

コロナ禍の1年、新入社員研修をはじめとしたさまざまな学びの場がオンラインに移行しました。 対面で指導社員から仕事を教わる従来型のOJTに比べ、オンライン研修では相手の反応から求めていることを汲み取った…

この先、新人は企業から何を求められていくようになりますか?正解の見えにくい「VUCA」の時代が私たちに与える影響【リクルートMS桑原正義さんインタビュー:前編】

「働くこと」にまつわるニュースを見聞きしていると、「働き方改革」や「ジョブ型雇用」、「脱年功序列」など、新しい働き方の広がりを伝えるキーワードが飛び交っています。また、withコロナの時代、仕事をする…

調べるための読書術【第1章 読む前に】〜『実践 自分で調べる技術』著者・上田昌文氏寄稿〜

 調べものをするときに、あなたはどのような手法を使いますか?  大学生や大学院生なら、レポートの作成や論文執筆を行うために、たくさんの本や論文を読まなくてはならず、面倒だな…ダルいな…と思ったことがあ…

続きを読む

「読む技術」養成講座【第二回:速読…さくさく素早く読む】国立国語研究所教授・石黒圭氏寄稿

国立国語研究所教授の石黒圭さんの「読む技術」養成講座の第二回をお届けします。第二回のテーマは『速読』です。 第一回はこちらから 「読む技術」養成講座【第一回:精読…きちんと正確に読む】国立国語研究所教…

続きを読む

東大「現代文」の知識を仕事に生かす〜「逆説」を理解することは人間を理解すること【相澤理氏連載:第四回】

『東大のディープな日本史』や、『「最速で考える力」を東大の現代文で手に入れる』の著者・相澤理さんによる東大現代文連載の最終回をお届けします。 相澤さんが、入試現代文において最も重要な言葉と考える「逆説…

続きを読む

「読む技術」養成講座【第一回:精読…きちんと正確に読む】国立国語研究所教授・石黒圭氏寄稿

当たり前のように行っているからこそ、理解しているようで理解していない、文章を読むという動作。編集部では、この原理を深掘りして、自分のクセや改善点を明確にし、より良く読む方法を身につけることが生きる力と…

続きを読む

東大「現代文」の知識を仕事に生かす〜〈具体〉と〈抽象〉の関係をとらえる【相澤理氏連載:第三回】

『東大のディープな日本史』や、『「最速で考える力」を東大の現代文で手に入れる』の著者・相澤理さんによる東大現代文連載の第三回をお届けします。 今回も実践編です。前回解説していただいた〈幅の広い指示語〉…

続きを読む

「原因」を求める心─仮説思考/アブダクション/因果推論に潜む認知バイアスを知る 鈴木宏昭教授

人気の認知科学のトピックをお届けします。前回の記事に引き続き、ご寄稿いただいたのは青山学院大学・鈴木宏昭教授。 前回の記事はこちら ▼デキる人ほど危険:人の思考のクセを知って正しく考える方法 ▼認知科…

続きを読む