上田昌文

NPO法人市民科学研究室代表。大学では生物学を専攻。1992年から科学技術関連の社会問題を学習し調査する、市民による活動を開始。2005~07年に東京大学「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員。2014~16年に科学技術振興機構(JST)サイエンスアゴラ助言グループメンバー。市民科学研究室は 2017年度「科学技術社会論・柿内賢信記念賞 特別賞」を受賞。各地での講演や大学でのゲスト講義や雑誌連載の執筆など多数。最近の論文に「新たな公害の世紀―電磁波の人体影響と社会の変容を中心に」(岩波書店『世界』2021年3月号)。クラシック音楽と古本屋めぐりと子どもと遊ぶことが大好き。

調べるための読書術【第3章 読んだ後に】〜『実践 自分で調べる技術』著者・上田昌文氏寄稿〜

 上田昌文さんの読書術、最終回をお届けします。  本を読み終えた後、私たちができる読書術とは。  連載はこちらから ▼調べるための読書術【第1章 読む前に】〜『実践 自分で調べる技術』著者・上田昌文氏…

続きを読む

調べるための読書術【第2章 読む時に】〜『実践 自分で調べる技術』著者・上田昌文氏寄稿〜

 上田昌文さんの読書術、第二回をお届けします。  いよいよ実践、読む時に行う読書術とはどのようなものがあるのかを教えていただきます。  第一回はこちらから ▼調べるための読書術【第1章 読む前に】〜『…

続きを読む

調べるための読書術【第1章 読む前に】〜『実践 自分で調べる技術』著者・上田昌文氏寄稿〜

 調べものをするときに、あなたはどのような手法を使いますか?  大学生や大学院生なら、レポートの作成や論文執筆を行うために、たくさんの本や論文を読まなくてはならず、面倒だな…ダルいな…と思ったことがあ…

続きを読む