井坂康志

ドラッカー学会理事。文明とマネジメント研究所研究主幹。 ものつくり大学特別客員教授 等 1972年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了。 世界的なドラッカー研究者にしてその主要な著書を翻訳してきた故・上田惇生氏とともにドラッカー学会を設立し、その思想と実践の研究を行う。2005年、95歳になったドラッカーにクレアモントの自宅でインタビューを行う。これは外国人編集者として最後となる単独インタビューだった。 著書に『自らをマネジメントする ドラッカー流 フィードバック手帳』(かんき出版)、『P・F・ドラッカー: マネジメント思想の源流と展望』(文眞堂)等がある。