研究職

腸内デザインで「健康長寿社会」を目指す――社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.4 株式会社メタジェン(前編)

サイエンスシフトの読者なら、「腸内細菌叢」「腸内フローラ」といった言葉を聞いたことがあるでしょう。近年、特に注目され、そのはたらきやメカニズムの解明が進んでいる、人体のシステムのひとつです。そしてその…

続きを読む

“ひと”という存在と科学をつなぐ━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(後編)

(前回の記事はこちら) 化粧品研究に長年携わってきた2人の研究者に、最後にお伺いしたのは化粧品をつくる仕事の意義、すなわち仕事の本質について。目指していることや、研究に対するこだわり、ともに働きたい人…

続きを読む

サイエンスの意義を、プロダクトに活かす━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(中編)

(前回の記事はこちら) 男性用スキンケア市場でロングセラー商品を次々に生み出してきた、株式会社マンダム。その背景には、男性の肌や頭髪、見た目といった長年にわたる研究データの蓄積があるという。日々それら…

続きを読む

「印象を科学する」という挑戦━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.3 株式会社マンダム(前編)

これからの社会を動かす企業やプロジェクトに注目し、そこで働く人たちが成果を生むまでのプロセスを探る当企画。第3弾となる今回は、曖昧な人間の感覚を定量化するという挑戦。ギャツビー、ルシードなどの定番の男…

続きを読む

入社2年目が語る、医薬品特許に関わる仕事の広さ・深さ・面白さ 「まだまだ、もっと成長しないと」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

製剤研究一筋、特許出願は20以上。「成功体験」を味わえるジェネリックメーカーの仕事は面白い

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

医薬品研究者としての迷いが切り開いたキャリアチェンジ 「新しいことを取り入れ、会社を変えていけたら」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

外資系製薬会社へ就職するということ 働きかた、厳しさとメリットとは Vol.2

外資系製薬会社研究職からバイオベンチャーの立ち上げを経て、現在、京都学園大学バイオ環境学部バイオサイエンス学科で教授を務める松原守先生。このようなキャリアを築いていく中で、どのような出来事に直面し、ど…

続きを読む

世界中のユーザーのため、モノづくりを続ける━━社会を動かすイノベーターたちのプロジェクト Vol.2 WHILL株式会社(後編)

(前回の記事はこちら) 新モデル開発におけるさまざまな必須条件をクリアし、無事に商品発売までこぎつけた日野原さん、上月さん。日々モノづくりと真摯に向き合う、2人のエンジニアが仕事のその先に見ているもの…

続きを読む