ジェネリック医薬品

pickup

医療の現場の最前線 沢井製薬・情報提供のためのAIチャットボットに込められた理想

製薬企業の仕事は、薬を作ることだけではありません。その薬の正確な情報を届けることもまた、重要なミッションです。 ユーザーが知りたいことを、企業に対してすぐに問い合わせができる「チャットボット」。近年、…

続きを読む

医療現場の最前線 そこまでやるか、な配慮 パッケージに込められた数々の工夫

製薬企業が販売する薬は、全てが「包装」されています。みなさんが薬局で受け取った薬を飲むとき、そのパッケージのデザインに込められた工夫に気づく人は少ないかもしれませんが、実はその裏側では「薬の取り間違い…

続きを読む

処方薬が患者の手に渡るまで〜アメリカでジェネリック医薬品が促進される背景を探る

アメリカ在住のライターによる記事、今回はアメリカで医師にかかった場合に薬がどのように患者に処方されているのかについて。日本ではいま国をあげてジェネリック医薬品の数量シェア80%以上を目指しているところ…

続きを読む

医療・ヘルスケアにおける新潮流━オープン・イノベーション、中分子医薬品、予防医学 Vol.4

外資製薬会社研究職、バイオベンチャーの立ち上げを経て、現在は京都学園大学バイオ環境学部で教壇に立つ松原守教授。今回は、バイオテクノロジーやその関連領域が医療・ヘルスケア分野を今後どう変えていくかについ…

続きを読む

過渡期を迎えた製薬企業(後編)〜2025年に向けて新たなビジネスモデルが必要となる

2025年問題について、その解決策や、それによって医療用医薬品サプライチェーンにどのような影響があるかなどについて、専門家に解説いただいている当企画。第1回は2025年問題の概要について、第2回は解決…

続きを読む

入社2年目が語る、医薬品特許に関わる仕事の広さ・深さ・面白さ 「まだまだ、もっと成長しないと」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

製剤研究一筋、特許出願は20以上。「成功体験」を味わえるジェネリックメーカーの仕事は面白い

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

医薬品研究者としての迷いが切り開いたキャリアチェンジ 「新しいことを取り入れ、会社を変えていけたら」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

『包装設計で“差別化”を図る』〜ジェネリック医薬品を開発するプロフェッショナルたちのシナジー 第2回

医薬品というと、薬そのものだけに目を向けがち。しかし、そのパッケージも、紛れもなく品質の一部です。飲みやすさを左右するのが製剤工夫であるように、使いやすさの鍵を握るのはパッケージでもあるのです。 一口…

続きを読む