製薬業界

pickup

製剤研究一筋、特許出願は20以上。「成功体験」を味わえるジェネリックメーカーの仕事は面白い

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

医薬品研究者としての迷いが切り開いたキャリアチェンジ 「新しいことを取り入れ、会社を変えていけたら」

今や就職活動をする学生さんにとっては、志望する業界や会社について、さまざまな情報が簡単(すぎるほど)に集まる時代。しかし、「入社後に、自分が成長していく姿」を具体的にイメージできるかというと……なかな…

続きを読む

外資系製薬会社へ就職するということ 働きかた、厳しさとメリットとは Vol.2

外資系製薬会社研究職からバイオベンチャーの立ち上げを経て、現在、京都学園大学バイオ環境学部バイオサイエンス学科で教授を務める松原守先生。このようなキャリアを築いていく中で、どのような出来事に直面し、ど…

続きを読む

医薬品大国、アメリカ。製薬関連ニュース5選 【米在住・医療保険エージェントのスーパーバイザーが選ぶ】

これから社会人となる学生や若い世代にとって、グローバルな視点が求められるのはもはや「当たり前」となる時代。多くの諸先輩が言うように、海外の文化に触れることやコミュニケーションツールとしての語学習得も大…

続きを読む

グローバルな視点ってなんだ?世界の薬学生が集まる国際会議・11日間の学び〜日本薬学生連盟ブログ Vol.2

日本薬学生連盟ブログ、2回目のテーマは、ずばり「グローバル」。これからの社会で活躍していく皆さんには、どのような企業に就職したとしても、欠かせない視点の一つでしょう。学生のうちにできることの一つとして…

続きを読む

研究者を取り巻く思わぬリスクとは 『医薬品クライシス』著者・佐藤健太郎氏が語る、医薬研究職の世界 Vol.9

研究者として働く以上、「研究で成果をあげること」が求められることはもちろんですが、医薬品研究者の日常には、思わぬところに“リスク”があるといいます。元医薬品研究者である佐藤健太郎さんに、リアルな研究者…

続きを読む

医薬品研究者の1日のスケジュール・環境・働きかたとは 『医薬品クライシス』著者・佐藤健太郎氏が語る、医薬研究職の世界 Vol.8

第6・7回と、「医薬品の特許」という業界の本質に迫るテーマでお届けしました。今回は少し肩の力を抜いて、「企業の研究者って、どんな1日を過ごしているの?」という素朴な疑問がテーマです。元創薬研究者である…

続きを読む

『包装設計で“差別化”を図る』〜ジェネリック医薬品を開発するプロフェッショナルたちのシナジー 第2回

医薬品というと、薬そのものだけに目を向けがち。しかし、そのパッケージも、紛れもなく品質の一部です。飲みやすさを左右するのが製剤工夫であるように、使いやすさの鍵を握るのはパッケージでもあるのです。 一口…

続きを読む